進行段階で変わる

口元

虫歯の度合いと歯医者での治療

虫歯が出来てしまった時の絶望感ははかり知れません。それもそのはず、その治療には長い時間と多くの治療費がかかってしまうのですから。 多くの人はこのような疑問を持つでしょう。「なぜ歯医者の治療は何回もかかるのか。なぜ一度に時間をかけれ虫歯をちりょうしてくれないのか」と。 虫歯にはそれ自身の進行段階と言うものがあります。それに応じて歯医者での処置も違いが出てくるのです。軽い虫歯の場合は一日で治療が終わる事もあります。しかし虫歯の進行度合いが激しい場合には、歯医者での治療も時間がかかってしまうものなのです。 ひとつの目安として、「虫歯がエナメル質に留まっているかどうか」が歯医者での治療に差が生じるラインと考えられます。

虫歯の進行段階に対する治療

虫歯の菌が歯の表面やエナメル質をわずかに傷つけているだけならば、痛みを感じたりするような自覚症状はあまり現れません。すなわち虫歯の進行がまだそれほど深くない段階なのです。このケースの場合は治療は比較的早く済みます。フッ素を塗布して再石灰化を促したり、歯を少しだけ削って樹脂を詰めるだけで済むのがほとんどです。 もし虫歯がエナメル質を突き抜けてその下層部の象牙室にまで達していた時は、ほぼ間違いなく冷たいものがしみるようになります。この段階の治療は歯を削る面積も大きくなり、そこに金属を詰める事になります。 そして虫歯が神経にまで達していたならば神経を取って中を清掃する事になり、歯医者への通院回数も複数回になってしまいます。 このように虫歯の進行度合いによって治療が簡単なのか長引くのかが決まるのです。